イギリスの信頼される会社が提供する

エコペイズを提供している会社は、イギリスにあります。イギリスには結構有名な会社も多く、世界中で展開している企業が多く集まっています。エコペイズは上場こそしていないものの、ある程度の信頼度を確保しています。もし信頼されていないなら、ここまでの成果は挙げていないと思いますし、むしろ駄目だと判断されて倒産していた可能性もあります。

〇ヨーロッパはサービスの基準が厳しい

電子マネーなどを使えるサービスは、国によって違いがありますし、場合によっては認可が取れないこともあります。特にヨーロッパは、厳しい判断をしている傾向があり、すぐに認可が取り消されたりします。エコペイズはまだサービスを展開できることから、信頼されているサービスと判断できます。サービスの基準が厳しく、認可されるラインを高められているヨーロッパで、認可を取り問題を起こしていないことがわかります。
もし問題を起こしているなら、どこかでエコペイズのトラブルが情報として流れます。そして認可をしている団体が取り消しを検討するようになり、最終的に取り消されることもあります。エコペイズがそこまで行っていないのは、ヨーロッパ内でトラブルがあまり起きていないこと、世界的にもトラブルとして考えられることが少ないなど、安心できる要素が大きいことが理由にあります。
基準が厳しいからこそ、求められていることもかなり高いです。ラインをしっかりと満たすことによって、オンラインカジノでも提供できるサービスとして、エコペイズは続いているのです。

〇信頼度が高いので任せても大丈夫

海外のサービスは危険なように思われますし、実際にオンラインカジノと組み合わせると、何か良からぬことが起きるのではと感じやすいものです。しかし信頼度の高いエコペイズは、オンラインカジノに対してトラブルを起こしませんし、ユーザーへの払い出しを勝手に止めるなどの措置は起こしません。つまり任せても大丈夫なサービスで、問題なく利用してもいいのです。
信頼されていないなら、そもそもオンラインカジノでトラブルが多くなり、お金の出し入れで結構悪い情報が出てきます。全く出てこない傾向があるのは、オンラインカジノとの関係性もよく、ユーザーの要求にはしっかり応えられるからです。信頼される企業にならないと、エコペイズを利用してくれることはありませんし、オンラインカジノも契約を切ります。だからこそより信頼されるために、あらゆる部分で満足できるサービスの展開を行うのです。

銀行振込が推奨されない理由

エコペイズの画面を見ると、国際銀行振込を使うことで、日本の銀行からもお金を入れられることがわかります。しかしエコペイズを使って銀行振込をするのはあまり推奨されません。その理由は大きく分けて2つあります。1つは時間がかかってしまうこと、もう1つはクレジットカードと違い、確認する事項が多くなってしまう点です。

〇時間は通常の銀行振込より必要になる

まず時間の問題ですが、クレジットカードを使ってエコペイズに入金すると、すぐに反映されます。多少ラグがあったとしても、そんなに気にするほどの時間でもありません。基本的にすぐに入れられて、オンラインカジノにも経由して入金できるのですが、銀行振込は絶対に1日以上の時間が必要です。つまりすぐに反映されないので、オンラインカジノで遊びたい時にも口座にお金がなく、結果的に入金できる方法が限られてしまいます。
即日で遊びたいと思っている方に、銀行振込のサービスはあまり効果的ではなく、むしろ厳しいものと思われます。しかも1日経過しても反映されず、遅い場合は3日以上経過してようやく反映されます。営業日の関係などもあるようですが、単にエコペイズ側が把握できなくて、かなり遅らせている現状もあるようです。

〇確認する材料が多く更に時間がかかる

もう1つは、身分証明を出さないと入金対応が行われないことです。入金するために必要なものを準備しないと、対応してくれません。エコペイズも同様であり、まずは身分を証明できるもの、次になぜ入金する必要があるのか説明する書類が求められます。オンラインカジノ目的とは言え、証明するものを準備することが非常に面倒ですから、基本的にオンラインカジノに入れたいならクレジットカードを使ってください。
この証明を確認する作業もありますので、時間はよりかかってしまいます。クレジットカードなら瞬時にできていることは、目視の確認が発生するので時間がかかり、相当待たないといけません。場合によっては目的がおかしいと思われて、入金自体取りやめになることもあるでしょう。確認する人によって、取りやめになる範囲が変わっており、これもわかりづらいポイントです。
結果的に、オンラインカジノに入金したいならクレジットカードを使ったほうがよく、銀行振込はあまり使わないサービスと考えてください。使ってしまうと逆効果も当然大きく、待たされる時間だけでもチャンスを失ってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。