日本ではギャンブルは法律違反

皆さんは、ギャンブルといえば何を思い浮かべますか?パチンコやスロットを思い浮かべる人や、競馬を思い浮かべる人がいると思います。そういった、競馬やパチスロのようなギャンブルは、日本という国が認可しているギャンブルです。つまり、運営団体に関しては「運営してもよい」という許可を出していて、国民に対しては「お金をかけても良い」という許可を出しているということです。しかし、それ以外のお金をかけた全ての勝負やゲームについては国は認可を出していません。
これは、賭博法という法律によって取り締まられる対象となります。つまり、国営ギャンブル以外にお金をかけて何かの勝負をしたり、ゲームをしたりすれば、その時点でバレた時に捕まってしまう可能性が出てくるということです。賭けマージャンや賭け将棋、賭けトランプなどはすべてその対象となります。かけている人はもちろんのこと、その場を取り仕切っていた人も逮捕されてしまいます。もちろん、日本で無認可のカジノが作られたら、そこにいる人もそのカジノを運営している人も捕まってしまうでしょう。では、オンラインカジノの場合はどうなのでしょうか?

オンラインカジノは、法律違反ではない?

オンラインカジノは、その名前の通り、インターネット上に存在している数のです。インターネットには、ウェブページごとに住所が存在します。そして、オンラインカジノが所属している住所は日本ではなく海外です。海外にはカジノを認可している国が20ヶ国存在し、それらの国はカジノの運営会社に対してライセンスを発行しています。そのライセンスさえあれば、オンラインカジノを運営することは、法律上問題ないのです。
しかし、問題があるとすれば、日本人が日本国内からスマートフォンやパソコンなどを使い、オンラインカジノにアクセスしてゲームを楽しんだ場合です。
オンラインカジノのサイト自体は住所が海外ですので、日本から海外のサイトにアクセスし、賭博行為を行ったという扱いになるかもしれませんし、本人が日本にいて、賭博行為をしているのだからそれは日本の法律で裁かれるべきだという考え方もあります。
しかし、これは現代の賭博法では明確になっておらず、あからさまに目に付けば逮捕されてしまう可能性はありますが、警察も積極的に動くということまではしていないようです。
日本にもカジノ作った方がいいのではないかという動きもある中で、オンラインカジノにどのような考え方を、国が示すのか興味深いところではあります。