現在のギャンブル依存症の割合

厚生労働省が発表している、現在の日本国内のギャンブル依存症発症者割合は、約5%、536万人です。5%ということは、20人に1人がギャンブル依存症の症状を発症しているということになります。中学校や高校のクラスで言えば、1クラスに2人の割合でギャンブル依存症がいるということになります。これはかなり多い数字ではないでしょうか。海外の平均は1%から2%ですので、日本人のギャンブル依存症の割合は非常に高いと言えます。
なぜ日本はギャンブル依存症の割合がここまで高いのでしょうか。それは、日本特有のギャンブルであるパチンコ、スロットが原因だといわれています。ギャンブル依存症が発症しやすいのは、人対人のゲームではなく、人対マシンのビデオゲームであることが多いです。パチンコもスロットも、目の前のマシンとの対決になるので依存症が発症しやすくなるのです。そして、一度大勝ちをしてしまうと、その記憶がのから離れなくなり、「次にもう一度大勝ちすれば、今までの負け分が全て取り返せる」と考えて大金を賭けたギャンブルを繰り返してしまうのです。

オンラインカジノがギャンブル依存症に与える影響

オンラインカジノは、パチンコやスロットとは特徴が少し異なります。
人間対マシンのゲームであるという点に関しては同じですが、パチンコやスロットにあるような、「店舗まで足を運ばなければいけない」という場所の制限や、「店舗の営業時間内でしか遊ぶことができない」といった時間的な制限が存在しません。オンラインであるという特徴から、インターネットに接続しているパソコンやスマートフォンさえあれば、いつでもどこでも楽しむことができます。つまり、それだけ手軽に楽しめるということでもあります。
これまでは時間的な制約や場所的な制約があって、パチンコやスロットが楽しめないといった人たちが、オンラインカジノを知ることによって、新たにギャンブルにのめり込んでしまい、依存症の患者が増えてしまう可能性があります。
しかしパチンコやスロットにあって、オンラインカジノにないものも存在します。それは、ギャンブルをする環境です。パチンコやスロットはそのお店の中で一つのギャンブル空間が作られています。マシンの大きな音ときらびやかな照明で人々の感覚は麻痺してしまいます。オンラインカジノの画面の中にもカジノの画面は表示されますが、画面の外は現実世界です。家の中で遊んでいるのであれば、普段と変わらない家が、駅で遊んでいるのであれば、普段と変わらない駅がそこにあります。そのため感覚が麻痺しにくいというメリットはあります。その面に関してはギャンブル依存症が発症しにくいといえるのではないでしょうか。
一概にオンラインカジノが広まることでギャンブル依存症の患者が増えるとは言い切れませんが、オンラインカジノにはこれらの特徴があるので注意する必要があるとは言えるでしょう。