オンラインカジノが他のギャンブルと比べておすすめされる理由

オンラインカジノは、様々なギャンブルと比較して2つの理由からお勧めされています。一つ目の理由が、ボーナス、もう一つの理由がペイアウトです。
ボーナスとは、ある条件を満たすことでプレイヤーがカジノ側からもらえる賭けに使えるお金のことです。そのまま出金しないという前提においては、現金をボーナスとしてもらっているようなものです。入金するたびに、入金額の何%かをボーナスとしてもらえたり、アカウントを開設するだけでも一定額のボーナスをもらえたりします。
ペイアウトというのは、払戻率のことです。プレイヤーが賭けたお金の何割が賭けの後に再びプレイヤーの手元に戻ってくるかという割合を出したものです。この数値が高ければ高いほど勝ちやすいギャンブルだと言われていますが、宝くじが50%、競馬が75%、パチスロが85%という中で、オンラインカジノは97%という払戻率なので、非常に勝ちやすく負けにくいということです。期待値の上では3%しか負けないはずであり、ボーナスを使用してその3%を埋めることができれば、安定して勝つことができるという理屈なのです。しかし、この考え方には大きな落とし穴があります。

ボーナスの落とし穴

ボーナスは確かに無条件で貰えれば魅力的なシステムですが、やはり条件があります。厳密に言えば、もらうだけなら条件はないのですが、出金するために条件が必要になるのです。
その条件とは、最低賭け金額です。この金額にトータルの賭け金が達しない限り、お金を払い戻すことができない。という縛りができてしまうのです。しかも.トータルの賭け金に加算されるゲームと、そうでないゲームが分かれており、ペイアウトが高いゲームは、軒並み除外されています。
つまり、不利なゲームにたくさんお金をかけなければボーナスを使って稼いだお金を出金することができないということなのです。

ペイアウトの落とし穴

オンラインカジノのペイアウトは確かに高い数字です。しかし、計算方法は一回一回のゲームに対してです。例えば、競馬で年末の有馬記念に勝負をかけたとしたら、1万円分馬券を買って戻ってくる期待値は7500円です。
いろいろな条件を考えて予想した結果、その一回の勝負にすべてがかかっています。
しかし、オンラインカジノの場合は、最初のひと勝負目が97%、さらにその次の勝負がまた97%、そしてその次の勝負がまた97%と、97%が掛け算されていきます。すると、最初に1万円をかけていたとしても、期待値の上では10回目の勝負が終わった段階で、所持金は最初の73%、つまり7万3000円になってしまっているのです。一発勝負のレース系のギャンブルと比べて、オンラインカジノは掛け数が増えるにつれてじわじわと持ち金が減っていくギャンブルだといえるでしょう。