オンラインカジノは不正がし放題なのではないか?

オンラインカジノは、不正やイカサマをしようと思えばいくらでもできるというのは、誰しもが思うことでしょう。
しかし、オンラインカジノの実情を知ると、そうも簡単にはいかない、ということがわかります。

というのも、確かにカジノの運営側が次に出てくるカードの絵柄を操作することができれば、プレイヤーにゲームで勝つことはできるでしょう。
しかし、その一方でそんなことが簡単に許されてしまえば、ここまでオンラインカジノという文化は発達していないということも言えます。

プレイヤーはそこまで馬鹿ではありません。
では何故オンラインカジノは不正を行わず、なおかつ利益を上げて運営ができているのでしょうか?

ソフトウェアに採用されるランダムナンバージェネレーター

オンラインカジノの運営者がイカサマができない理由は、運営している会社とそのゲームを開発しているソフトウェア会社が別々だからです。
この2つの企業がタッグを組んでオンラインカジノは出来上がっています。

そして、ソフトウェア会社がカジノゲームのプログラムを組む際に、どのようなカードが出るかということや、どのようなダイスの目が出るか、スロットマシンの目をどこで止めるかなどといった確率の部分の乱数を生み出す機能をランダムナンバージェネレーターといいます。

この機能は、政府や公的機関からライセンスを発行してもらって運営しているオンラインカジノであれば、定期的に第三者機関からの調査を受けますが、その調査の対象にもなっています。
そのため、この乱数発生装置が正常に作動していなければ、そのオンラインカジノは運営ができないということです。

出目が完全にランダムでもカジノ側が勝つシステム

乱数発生装置は、簡単に言えば、どちらが勝ってもおかしくないランダム性を作る装置のことです。
そもそもカジノは、前提としてのルールが若干ディーラー側に有利になるように作られています。
そのため、乱数発生装置が完全にどちらにも有利にならないようにランダムでカードの目やタイスの目、スロットの目などを出したとしても、その結果に偏りがなければないほど、ランダムであればあるほど、ディーラー側に確実に利益が入ってくるというシステムなのです。

確実に利益が入る上に、第三者機関の調査にも合格できるのであれば、このランダムナンバージェネレーターはその機能が高ければ高いほど良いということです。
そしてこの機能が高いということはイカサマの入る余地がないということです。

このように考えると、オンラインカジノがイカサマをするという理由はほとんど見つかりませんよね。