オンラインカジノ始めるにあたって必要な準備

オンラインカジノは、約20年の歴史を経て、現在ヨーロッパを中心に爆発的な人気になっています。日本では、政府がカジノを認可していないため、オンラインカジノ自体があまり大手を振って宣伝できないという部分があるのですが、徐々に徐々にそのプレイヤー数が増えているようです。では、オンラインカジノを始める場合、どのような準備物が必要になるのでしょうか。この記事ではオンラインカジノを始める際の準備物と、その中でも特に大切な軍資金の考え方について説明します。

年齢制限をクリアしているか?

あまりにも基本的なことですが、オンラインカジノはギャンブルである以上、年齢制限が存在します。多くのオンラインカジノの年齢制限は18歳以上ですが、1部のオンラインカジノは20歳以上というところもあります。登録の際に引っかかる可能性があるので、そのオンラインカジノの年齢制限が何歳なのかということを確認しておきましょう。特に、18歳以上20歳未満の方は、カジノによって、遊べるカジノと遊べないカジノが存在する年齢層なので注意が必要です。

身分証明書

オンラインカジノは、遊び始めるだけであれば、アカウント登録を行い、入金をすればプレイが開始できます。
しかし、出金する際に身分証明書が必要になってきます。これは、マネーロンダリングなどの犯罪に関わるような使用を防ぐためです。多くの方が使用する身分証明書は運転免許証だと思います。
運転免許証を持っていない方は、パスポートや公共料金の明細などが使用可能です。それらをFAXしたり、または写真に撮ってメールで送ったりといった方法で身分を証明することが可能です。

軍資金

オンラインカジノで遊ぶためには、ある程度の軍資金が必要になります。「ほんの少し暇つぶしが出来ればいい」と考えているのであれば、1万円程度からでも遊ぶことができます。
10万円もあれば充分にゲームを楽しみながら遊ぶことができるでしょう。しかし「ボーナスを活用して大勝ちしたい」と考えるのであれば、ある程度の軍資金が必要になります。というのも、オンラインカジノでもらえるボーナスというのは、入金額に比例して増えるという性質を持っており、さらにボーナスの額の20倍や30倍といった金額を掛け金として使用しなければ、そのボーナスを出金することができないという条件があるためです。ボーナスを得るための出金条件を満たした上で、一定量以上のボーナス額を得ようと思えば、日本円にすると100万円規模の額が必要になってきます。しかし、実際のカジノ関係者に話を聞くと、オンラインカジノで利益を出している人は、ほとんどオンラインカジノで大金を使用している方のようです。